So-net無料ブログ作成
検索選択

SMAPが生放送で存続決定?その真相とは?

SMAPが存続決定を表明?その真相とは?

SMAPがスマスマにて異例の緊急生放送!

その放送内では「存続」という明確な言葉は使われなかったが事実上存続を意味する内容だった。

スポンサードリンク





今回の解散騒動の発端はジャニーさんの姉で副社長でもあり事実上の経営者であるメリー喜多川が

娘のジュリーを後継者にしたいがため、SMAPの育ての親である女性チーフマネージャーの

飯島三智とSMAPに圧力をかけ始めたことが原因になる。


飯島マネージャーはSMAPが無名のころから育て上げた母親のような存在で

次期社長の候補になっていた。


要するにジュリーと飯島の派閥争いにSMAPが巻き込まれた形になる。


派閥争いに敗れた飯島はメリーによりジャニーズ事務所を解雇させられた。

退職に追い込まれた飯島は独立することになり、恩義を感じていたSMAPも彼女についていく決心をする。

しかしその後木村だけがメンバーを裏切りジャニーズに義理立てして残留することを決める。


スポンサードリンク




今回の解散騒動によって日本中が大騒ぎになりファンからも「解散はしないで欲しい」と

存続を願う声が殺到した。


あらためてSMAPという存在の大きさを再認識したのだろう。


中居、稲垣、草なぎ、香取の4人は飯島の助言もあり残留の道を考え始めていた。

しかし、一度事務所を離れると決めた4人をメリーが拒絶する状況が続いていた。


その後、メリーは4人に対し事務所残留の方向で態度を軟化させていく。

その裏には木村が仲介役となり、4人とジャニーズの関係修復に乗り出していたことが分かった。


今回の緊急生放送で木村がセンターに立ちリーダーの中居が一番端に立っていたことにまず違和感を

感じたことだろう。


SMAP全員がジャニーズに残るということは木村の考えが正しいとされ他の4人は反省をしているという

形をとる必要がある。


今回の緊急生放送は全員が納得した形で行われていたようにはとうてい思えず

木村と他4人は楽屋が1対4に分かれていたことも分かっている。


今回のSMAP存続の真相は

あまりにも大きくなりすぎたSMAPという存在にメンバー自身も

翻弄され自分たちではどうにも出来なくなってしまったことがうかがえる。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0