So-net無料ブログ作成
検索選択

ケントデリカットのネタ(めがね)(違うよ)モルモン教や健康食品とは? [芸能]

ケントデリカット、今ではテレビでほとんど
見かけることがなくなったが、80年代には
「笑っていいとも」などバラエティに
引っ張りだこだった外国人タレント。
持ちネタの「めがね」「違うよ」
モルモン教や健康食品の関係について
調べてみました。


スポンサードリンク





ネタの「めがね」とは?


ケントデリカットは遠視用の丸めがねを
付けていました。
めがねの外国人というキャラでめがねが
とても強い印象を与えていました。

この凸レンズを利用してめがねを前後に
動かすことによって目がめちゃめちゃ
大きくなるというネタを披露していました。

これが当時の子供たちにかなりウケて
たちまちお茶の間の人気者になりました。


ネタの「違うよ」は?


ケントデリカットが活躍していた同じ時期に
外国人タレントとして活躍していた
ケントギルバートというタレントがいました。

当時は外国人というだけでものめずらしさが
あった時代です。

数少ない外国人タレントの中で名前が同じ
だったこともありよく
ケントギルバートとよく間違えられました。

周りもそれを段々いじるようになり
わざと「ケントギルバートさんですか」と
言って「違うよ!そじゃないよ!」という
パターンネタになっていきました。

けっこう色々な方が物まねをしたりして
みんな日常会話の中でも「違うよ」とか
まねして言ってましたね。

妖怪ウォッチに出てくる外国人風3人組
妖怪の「認メン」 は「そじゃないよ」が
口癖ですが、このモデルになっているのは
間違いなくケントデリカットだと思われます。


スポンサードリンク





ケントデリカットとモルモン教


ケントデリカットは末日聖徒イエスキリスト
教(モルモン教)の宣教師として日本に
来ました。

北海道で2年間に渡り布教活動を行いました。

モルモン教とはキリスト教系の新興宗教です。

正式名称は末日聖徒イエスキリスト教会で
モルモン教は俗称にあたるようです。

ユタ州ソルトレイクが本拠地になり
戒律が厳しく酒、タバコ、カフェイン、
などの快楽に関わる娯楽などが
禁じられています。

バラエティ番組の中でお色気シーンや
下ネタなどが頻繁に当時は扱われて
いましたが、ケントデリカットは
顔を真っ赤にして目を背けたり
下ネタに対して嫌悪感丸出しで
「だめだよ」といったりしていたの
が印象的でした。

とても純粋でまじめな人なんだなと
世間には思われていましたね。


ケントデリカットと健康食品


健康食品との関係性ですが
これに関してはケントデリカットが
ネットワークビジネスをやっているようで
ネットワークビジネスでは扱う商材に
健康食品が多いということです。

もともとモルモン教ということで
健康に対する意識が高いということ
もあり健康食品を広く紹介している
ようです。

日本ではネットワークビジネスと聞くと
悪いイメージがあり難色を示す方が
とても多いですがアメリカでは普通に
ビジネスとして成立していて扱っている
商材もとても良い商品が多いそうです。

良いものでないと売れなかったり
訴訟を起こされたりとアメリカでは
大変のようですよ。

ケントデリカットは健康の素晴らしさ
を伝えながらサプリメントを売ったり
トークショーをして回っているようです。

今では外国人も日本にたくさん来るように
なりましたが当時はまだまだ少なかった
印象で外国人を見かけると芸能人でも
ないのにサインをもらったりしていて
何やってたんだろって感じです。

あの人は今的な感じでケントデリカット
について調べてみて懐かしかったです。


スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0