So-net無料ブログ作成
検索選択

福原愛、父と不仲だった 原因は?父の借金返済のため卓球人生に悪影響をもたらしたため! [芸能]

卓球の福原愛とお亡くなりになった
父・武彦さんとの関係は不仲だった
そうでその原因には父が抱えていた
金銭的トラブルが背景にありました。


スポンサードリンク





天才卓球少女


福原愛は1988年11月1日に
宮城県仙台市に生まれます。

3歳9ヶ月から卓球をはじめ4歳で
初めてテレビに出演します。

「天才卓球少女」や
「泣き虫愛ちゃん」と
呼ばれるようになり、小さな身体で
卓球をする姿がかわいくて誰もが
知る人気ものになっていきます。

5歳の時に全日本選手権バンビの部で
史上最年少で優勝します。
(バンビの部は小学2年生以下)

それ以降数ある大会で優勝をして
最年少記録を数多く作ってきました。

小学4年には「ミキハウス」と専属契約
を結びプロ活動を行うようになります。

父と不仲の原因は?


父は不動産会社を経営していました。

その会社は経営不振により
1998年に3億5000万円もの負債を
抱えて倒産しています。

そのときに債権者から1億4000万円
もの返済を求められることになり
福原家は火の車状態でした。

福原愛が当時出ていた大手食品メーカー
や繊維メーカーのCM契約料は1本
3000万円といわれておりそれらの
ギャラがすべて父の作った借金に
当てられていたといいます。

2005年4月には7年間所属した
「ミキハウス」との契約が満了し
「グランプリ」と契約を結びます。

この際の新規契約金が1億円とも
いわれています。

2007年4月には「ANA」とスポンサー
契約を結びANAに所属を発表。

「グランプリ」とは4年契約だったが
2年で契約を終了します。

「ANA」に所属する時も相当な額が
動いたといわれており、父親の負債
のために所属先が転々とすることに
福原愛は嫌気がさしていました。

中国のテレビ番組に出演した際には
中国人のインタビュアーに
「家族全員の稼ぎを担っているようですが
大変ですか」と質問されて泣き出して
しまう場面がありました。

このような父親が作った金銭的トラブルに
福原愛が巻き込まれたことが父と不仲
になった原因といわれています。


スポンサードリンク





両親の離婚、父との決別


父は卓球の練習方針、コーチ選び
マスコミ対応などの主導権を握って
いました。

2008年の北京五輪で4回戦敗退し
メダルを逃します。

この頃に両親の関係が悪化し離婚をしています。

福原愛はこれ以上父に振り回されていたら
卓球人生が駄目になると父と決別を覚悟したようです。

それ以降は母親と兄がマネージメント
を行うようになりました。

福原愛のマネジメントは母・千代子さんと
兄・秀行さんの名前を一文字ずつとった
「千秀企画」という会社で行われました。

これ以降父・武彦さんが試合会場に姿を
あらわすことはなくなったようです。

父・武彦さん亡くなる


父・武彦さんは2013年10月6日に
すい臓がんで亡くなっています。

その後福原愛よりFAXで
2008年終りから父とはまったく会って
いないことが告げられます。

福原愛は不仲だった父の死を遠い中国で
知りました。

福原愛はこうコメントしています。

「電話やメールでのやりとりも、一度も
ないような仲でしたが、父がいなければ、
わたしは生まれてくることもなかったです
し、今の成長したわたしがあるのも、 多く
の方々が応援してくださる環境があること
も、父の影響によるものが少なく
ありませんでした。」

「そういったことについては、
父に感謝しております」

父に対して生んでくれたことの感謝、
環境を作ってくれたことの感謝は
しているという福原愛。

大人になった福原愛が大人の
コメントをしました。

父親に振り回され続けた過去の
うらみや父親への不信感、家族への
迷惑を考えたら死んだあとも
なかなか許せなかったんだと思います。

福原愛、父と不仲になった原因、
父に対するあらゆる感情が消化し
本人の口から語られる日は来るの
でしょうか。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0