So-net無料ブログ作成

「世界から猫が消えたなら」映画の感想あらすじネタバレ! [映画]



映画「世界から猫が消えたなら」を見に
いってきました。

映画主題歌であるHARUHIさんの「ひずみ」を
初めてラジオで聞いたときにすごく好きな
感じだったので調べたことによりこの映画に
たどり着きました。

原作も読んでなく予備知識ゼロの状態で見た
あらすじネタバレと感想をお届けします。


スポンサードリンク





映画「世界から猫が消えたなら」あらすじ完全ネタバレ



郵便局員である主人公(佐藤健)が冒頭で
激しい頭痛に襲われ病院に行くと脳に腫瘍が
あるとの診断を受ける。

末期の状態で余命もあとわずかと医者に
言われるが本当に絶望したときほど人は
取り乱したりせずに冷静であると気付く。

絶望の淵に立たされひとりアパートに帰ると
そこには飼い猫のキャベツの他に何と自分と
そっくりな人が座って待っていたために
びっくりする。

自分とそっくりな相手を悪魔と定義付けする
が、悪魔より明日僕は死ぬことを伝えられる。

そして「この世界から何かひとつ消すことで
一日長く生きることができる」という提案を
悪魔よりうける。

悪魔によって半ば強引に電話を消すことを
決められとまどうが、電話が存在する最後に
誰に電話をするのかを考えろといわれる。

一瞬父親のことがよぎるが最後に電話を
掛けた相手は元彼女(宮崎あおい)だった。

久しぶりに再開した彼女は病気でなくなった
僕の母と別れた後も連絡をとっていたことを
知る。

彼女との最初の出会いは間違い電話だった。

間違い電話の相手がたまたま同じ大学の
学生と分かり好きな映画を通じて付き合う
ようになる。

元彼女と一日過ごし別れ際にもうすぐ自分は
死ぬのだと告げる。

それを知った元彼女は翌日になりある手紙を
ポストに投函する。

そして電話がない世界がやってくる。

電話がなくなったことによって元彼女との
出会い自体がなくなり付き合っていた事実も
なくなり赤の他人になってしまう。


次に悪魔が消すことに決めたのは映画だった。

大学で映画が好きで親友になったツタヤ。

ほんとの名前はタクヤ(濱田岳)からは
毎日素晴らしい映画を1本貸してもらい
見るのが習慣になっている。

超映画マニアのタクヤは変わりものだけど
彼自身も毎日映画を紹介することに友達と
しての喜びを強く感じていた。

しかし映画がなくなったことでタクヤとの
関係もなかったものになってしまう。


その次に悪魔が消すことにしたものは時計
だった。

主人公の父親は時計屋をやっている。

無口で不器用な父に対してあまり良く思って
ない主人公は母が亡くなってから父とは
疎遠になっている。

僕と彼女がアルゼンチンに旅行にいった先で
出会ったトムさん。

トムさんは時間に縛られない生き方をして
いて自由に海外を渡り歩いている魅力的な
人物。

トムさんは時間という概念が不必要なので
時計が嫌いだというが僕の父親は時計屋を
営んでおり複雑な心境。

次の外国へ旅立つトムさんを見送った直後
にトムさんは交通事故で死んでしまう。

トムさんが死んでも世界はなにひとつ
変わらないという現実に打ちのめされる。

世界から時計が消えたことで父のお店も
消えてしまう。


そして次に悪魔が消すと決めたものは
猫だった。

猫には僕がまだ幼い頃に捨て猫を拾ってきた
ことで母親との思い出がいっぱい詰まって
いる。

猫の名前はレタスで僕以上に母になついて
いた。

レタスが死んでしまいで病気の母も元気が
なくなってしまうがその後にまた捨て猫の
キャベツがやってきて一緒に暮らすように
なり母は元気を取り戻す。

現在の僕はキャベツと一緒に暮らしているが
キャベツが行方不明となり僕は気が動転して
探し回る。

彼女、友達との過去を失ってしまった僕は
猫が消えてしまったら母との思い出が全て
なくなることを知っている。

絶望的な気持ちでアパートに戻るとそこには
キャベツがいた。

泣きながら抱きしめているとポストに一通の
手紙を発見する。

開けてみるとそこには生前の母から僕に
当てた手紙が入っていた。

元彼女が母から預かっていたものらしい。

内容は愛情にあふれたもので僕が生まれて
きたことに対する喜びや僕に対する心配
が綴られていた。

母が死ぬ間際に家族3人で母が行きたがって
いた旅行に出掛けたことを思い出す。

海で母親からキャベツを託される。

母とのやりとりを
思い出した僕はついに決心する。


猫は消さないと。


そこには悪魔がいるが悪魔は死を恐れた
自分の中にいたことに気付く。


そして最後キャベツを託すために
父親に会いに行く。


スポンサードリンク





「世界から猫が消えたなら」の感想



妻と一緒に行きましたが2人の感想は
「良い映画だったね」でした。

まったく内容を知らずに見たため猫が消える
ことが主体の映画だと思っていました。

始まって早々に佐藤健が2人になったり電話
が溶けてなくなってしまったりしたため
これはSF映画なのかと思いました。

世界から電話がなくなったり映画や時計が
なくなったりと設定にはかなり無理があると
感じましたが、最終的には主人公の心の描写
だったんだということが分かりSFでは
ないのだと分かりました。

登場人物は少なく不器用な人間の集まりです。

しかし不器用だけどそこには奥深い温かみや
優しさがありました。

母が子を思う優しさや子が母を慕う気持ちが
見ていて涙が止まりません。

俳優のみなさんの演技も素晴らしかったし
濱田岳さんの親友の死を知った後に最後に
見せてあげたい映画を探すシーンには
本当に胸を打たれます。

息子からは愛想をつかされ不器用だった父親
も実は影で母のことを支えていたことや
息子の誕生に心から感謝していたことなど
が後から分かり感動します。

主人公は死ぬのが恐かったけど自分の命より
もかけがえのない思い出を選びました。

人は誰しも記憶の中で生きています。

過去も現在も未来も全て記憶で成り立って
います。

自分が世界から消えても誰かの記憶の中には
残っていくのです。

大切な人を思って切なくなりました。

個人的にはストレートに感動するし
家族や友人との繋がりがあることに感謝
できるのでおすすめです。

エンディングに流れえるHARUHIさんの
「ひずみ」も映画にマッチしていて
最高です。



さすが音楽は小林武史さんです。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。