So-net無料ブログ作成
検索選択

谷垣氏の病状はかなり重症なのでは!?  [政治]

自民党の谷垣氏ですが自転車事故で入院して
から復帰の目処が立っていません。

当初は軽症で大事をとっての入院ということ
でしたが実のところ病状はかなりの重症の
ようです。

詳しく見ていきたいと思います。


スポンサードリンク





谷垣氏の病状はかなり重症!?



谷垣氏は趣味として自転車ををやっていたの
ですが、この自転車というのがいわゆる
スピードを競うロードバイクといわれる
種類のものです。

谷垣氏は現在71歳と高齢にもかかわらず
ロードバイクに乗っていました。

それほど大好きだったようです。

そして東京都内での転倒により大怪我をして
しまったということです。

最初の報告によると事故での怪我は軽症で
一応大事をとって入院するということでした。

しかしその後いっこうに復帰するという目処
が立っておらず、どうしたのかと思いきや
頸髄損傷により手術をしているということ
でした。

事故のあった日に都内の病院に運ばれた
谷垣氏は専門的な治療が必要なため別の病院
に移ったということです。

手術の経過は順調で意識ははっきりしている
ということです。

しかしこの頸髄損傷という病状ははかなりの
重症だといいます。

頸髄とは頚椎、いわゆる首の骨の中にある
太い神経のことをいいます。

脳から繋がる太い神経は背骨を通って体全体
に枝分かれして体の隅々までいきわたります。

この脳から出た直後の首の神経が傷ついて
しまったということになります。

この大事な太い神経を守るために首の骨の
中に普段は隠れているのですがその神経が
傷つくということは首の骨自体にも相当な
損傷があったことは想像できます。

頸髄は脊髄の中でもとくに重要な部分になる
そうで頸髄を損傷するということはかなり
深刻な部類になるそうです。

頸髄は8対の神経に枝分かれしていて頸髄の
中でも損傷を受けた部位によって後遺症の
出かたが変わってきます。

神経とは体を動かす電気信号を送っている
ため傷がついてしまったりすると信号を送る
ことが出来ずに筋肉の感覚がなくなり自分の
意思で動かすことが出来なくなってしまいま
す。

神経が麻痺することでどのような後遺症が
残るのかというのが問題になります。


・自力での呼吸が困難になる

・腕に力が入らなくなる

・下半身が動かせず車椅子での生活になる

・痛みや熱の感覚がなくなる

・姿勢を上手く維持できなくなる

・排泄機能を失う


などとても重い後遺症が予想されます。


術後は機能回復のために早期のリハビリが
必要になってくるそうです。


スポンサードリンク





まとめ



谷垣氏の病状について詳しく見てきました。

最初の報道では事故の怪我は軽症だとして
いましたが、ふたを開けてみると軽症どころ
か頸髄損傷と非常に重い病状ということでし
た。

頸髄は脳や心臓の次に大事な部分といっても
過言ではないと思います。

71歳と高齢なので運動機能も衰え骨も弱く
なっていたかもしれません。

頸髄は8対からできていてどの部分に傷が
付いたのかによって後遺症がかわってきます。

現在手術後の経過は順調との報道がされて
いますが、命に別状はないということと
考えられ、体の麻痺やなんらかの後遺症が
残ることはおおいに考えられます。

まだ話も出来ない状況との報告もあるため
当分の復帰は難しいでしょう。

今後リハビリをしていかなければならない
ことが考えられます。

少しでも元の状態に近いところまで戻るよう
順調に回復されることをお祈り致します。


スポンサードリンク





関連記事はこちら
谷垣幹事長 イヤホン投げてブチギレだと!? 趣味の自転車で再び転倒して入院!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。