So-net無料ブログ作成
検索選択

島木譲二 死因は脳溢血!病院はどこ?病気は慢性腎臓病? [お笑い]

吉本新喜劇の島木譲二さんがお亡くなりに
なったというニュースが入ってきました。

島木さんは2011年1月から体調不良を訴え
治療をしていたようです。

病気は慢性腎臓病だったとの噂が。

直接の死因は脳溢血とのことです。

大阪市内の病院で亡くなったということです
がどこなんでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。


スポンサードリンク





島木譲二 死因は脳溢血なの?病気は慢性腎臓病?



島木譲二さんは2010年12月26日の吉本新喜劇
を最後に大阪市内の病院で治療を受けながら
自宅で療養していたようです。


亡くなった直接の死因は脳溢血のようです。

脳溢血(のういっけつ)というのは
広い意味で脳出血と同じ意味ですが
主に脳内に比較的大きな出血がある
場合に脳溢血と呼ばれるそうです。

原因の多くは動脈硬化と高血圧症で
発作時は意識消失、嘔吐、顔面紅潮を
起こすそうです。


療養中の島木さんは新喜劇の鉄人のイメージ
を崩したくなかったためか病名の公表はして
いませんでした。

島木譲二さんは元プロボクサーで「西日本
ミドル級新人王」に輝いた実績があります。

療養中の2011年2月に開催された「WBC世界
ミニマム級タイトルマッチ」で母校である
興国高校の後輩にあたる井岡一翔のを応援
のためにリングサイドに姿を表しました。

その時に受けた取材に対して「腎臓の数値が
上がっているので、落としてます」と
語ったことで慢性腎臓病を患っていることが
分かりました。


慢性腎臓病とは

腎臓は体内の不要な老廃物や余分な塩分・
水分を尿として排出する働きやミネラルの
調整、血圧の調整、ホルモンを作る働きが
あり体のバランスを整えています。

慢性腎臓病とはこれらの働きが徐々に落ちて
いく病気をいいます。

この慢性腎臓病のステージが進むほど
動脈硬化や高血圧症が原因で脳の血管障害が
起こりやすくなるようです。


決して島木さんのギャグ
「ポコポコヘッド」のやりすぎで脳溢血に
なったわけではないようです。

慢性腎臓病が長引いてしまった結果、脳の
血管に障害が出てしまったのではないでしょ
うか。


スポンサードリンク





入院先の亡くなった病院はどこ?



島木譲二さんは大阪市内の病院にずっと
通院しながら治療を受けていました。

最期は入院先の病院で奥様の濱昭子さんに
看取られて亡くなったとのことです。

島木さん、本名 濱伸二さん72歳でした。


この入院先の大阪市内の病院とはどこなの
でしょうか。

知らべたところ目撃情報などもある
淀川キリスト教病院である可能性が
ありそうです。

淀川キリスト教病院とは

大阪市東淀川区柴島1-7-50にあるキリスト教
が運営する病院です。

通夜と葬儀告別式がいずれも大阪市淀川区の
新大阪典礼会館で行われることからもご自宅
が淀川付近にあるのではないでしょうかね。


まとめ



大阪名物パチパチパンチの島木譲二さんに
ついて詳しく見てきました。

新喜劇には出れずかれこれ6年間も自宅で
療養を続けてきていたのですね。

島木さんが元プロボクサーだったということ
も今回初めて知りました。

2011年1月より慢性腎臓病によって治療を
初めていました。

亡くなった直接の死因は脳溢血だったという
ことですが、腎臓病の悪化にともなって脳の
血管に障害が出てしまったと考えられます。

島木譲二さんといえば典型的な大阪の
コテコテギャグをするおじさんという
イメージでけっこう好きでした。

ここ最近はまったく見かけないなと思った
ら病気を患っていたんですね。

あのギャグがもう見られなくなると思うと
とても寂しくなります。

島木さんどうか安らかにお眠りください。

ご冥福をお祈り致します。


スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0