So-net無料ブログ作成

大動脈解離になった父が手術5時間で助かった話 [プライベート]



このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。





わたしの父が大動脈解離という病気で救急
搬送されました。

命に関わるとても恐い病気だと医師に告げら
れ不安の中で過ごしました。

ICUに入院から絶対安静、症状が変わり
緊急手術への移行。

手術にかかる時間や費用、大動脈解離の原因や分類
生存率などさまざまなことを学びました。。

何かのお役に立てれば良いなと思い詳しく
書いていきたいと思います。


スポンサードリンク





父が救急車で運ばれる



子供を保育園に送って行った時に父の携帯か
ら着信がありました。

こんな朝早くになんだろうと思い出てみると
聞こえてきた声は父の声ではなく救急隊員か
らのものでした。

背後では「ピーポーピーポー」というサイレ
ンが聞こえていました。

緊張が走りとっさに思ったことは父が交通事
故を起こしたのではないかということ。

意識不明の重体なのではないかと思い不安で
いっぱいになりました。

しかし救急隊員の話によれば胸の痛みを訴え
た父が自分で救急車を要請したとのこと。

現在も意識はあるとのことでひとまず安心し
たのを覚えています。

父は現在実家にひとりで暮らしています。

とにかくすぐに病院に来てくださいという
ことだったので子供を送って出勤する予定
でしたが急遽職場に連絡をして病院に向かい
ました。

救急処置室に向かいしばらく待つと父と
面会することが出来ました。


その場で医師から告げられた
病名は「大動脈解離」でした。


大動脈解離の原因は?



大動脈解離とはどんな病気かというと

心臓から出ている最も大きな血管が大動脈と
いいます。

太さは直径で約2~3cmほどあるようです。

この大動脈はバウムクーヘンに例えられて
内膜、中膜、外膜の3層の壁で出来ていて
血管の壁に亀裂が出来てそこから血液が入り
込むことによって血管の膜が裂けてしまう
病気とのことでした。

父の場合は心臓のそばからお腹の方まで血管
が裂けてしまっていたようです。

それも前兆があったわけではなく一瞬にして
裂けてしまったようです。

父は朝食を自分で作りいつも通り食事をした
ようですが、その直後に急に胸に激痛が走っ
てうずくまり全く動けなくなりました。

症状は痛みが胸からお腹のほうにどんどん広
がっていったようです。

父は携帯ですぐにわたしの姉に電話をしたよ
うですが繋がらず、近所に住む友人にも電話
をしたけど繋がらなかったために、救急車を
呼んだようです。

1分1秒を争う病気なので結果的には救急車を
呼んで大正解だったので姉も父の友人も電話
に出られなくて良かったと後で胸をなでおろ
していました。

救急車が来る前に亡くなってしまう方も
いるようです。

大動脈解離の主な原因は高血圧や不摂生、喫
煙、姿勢などにより背中が曲がっているなど
を医師が上げていましたが、わたしの父は
低血圧、酒もたばこもやらない、生活習慣は
規則正しい、姿勢も悪くないということで
どれにも該当していなかったため医師も首を
かしげていました。

当日の朝は非常に寒かったので気温差などの
問題もあったのではないかなと思います。

ヒートショックには気をつけたいですね。


大動脈解離の分類



父は運ばれてすぐに緊急処置室で点滴をして
痛み止めを始めました。

大動脈解離はA型とB型に分類されるとのこ
とで、心臓からすぐのところから解離が始ま
っている場合はA型、心臓から少しは離れた
ところから解離が始まっている場合はB型に
なるそうです。

A型は外科的緊急手術が必要、B型の場合は
内科的治療を選択するそうです。

父の場合はA型だったのですが、裂けたとこ
ろに入り込んだ血液が固まっていたため、そ
のままノリのようになって血管の壁がくっつ
いて治っていく傾向がみられたので内科的
治療をすることになりました。

入院はICU(集中治療室)で絶対安静が
必須でした。

血管の壁が薄くなっているため、いつ破裂し
てもおかしくない状況です。

とにかく自分の力で動いてはいけないので
寝返りをうつのも看護師に頼んでやってもら
わなければなりません。

血圧が上がらないように血圧を下げる薬を
定期的に投与し、管理していきます。

順調にいけばICUを1週間で出られるとの
ことでした。

しかし大動脈解離にはいくつかのリスクが
ありました。

大動脈から3本に枝分かれした血管が脳の方
に行っています。

この血管が解離した壁に押されて詰まって
しまう恐れがあること。

胸部の解離からの刺激で胸に水が貯まり
肺に酸素がいかなくなること。

厳重な安静体制に精神的に耐え切れずに
錯乱状態になる恐れがあること。

いずれも命にかかわることで大動脈が
破裂をすれば即死してしまうということ
でした。

少しでも症状に変化が見られたら外科的緊急
手術に切り替えるとのことでしたが、手術に
間に合わずに亡くなってしまうこともあると
いう話も聞かされました。

とにかく何事もなく無事に1週間過ぎてくれ
たらと願うばかりでした。



スポンサードリンク





入院3日目緊急手術に変更!



入院初日と翌日は何事もなく無事に過ごせて
いたようでした。

入院3日目わたしは仕事が休みだったので
午後にでも病院に面会に行こうと思っていま
した。

その日の朝病院から電話があり容態が変わっ
たため緊急手術をするのですぐに来てくださ
いとの連絡がありました。

散々命に関するリスクを聞かされていたわた
しは手術と聞いただけでもう駄目なのではな
いかと思いました。

車で病院に向かう途中、もう父と話が出来な
いのではないかととても悔やんでいました。

病院に着くと手術を担当する医師から説明が
ありました。

朝になって急に痛みをぶり返しMRIをとっ
たところ解離内に血液が流れ込んでしまって
いる状態だったようです。

このままでは危険なので緊急手術を行うと
のことでした。

A型の場合生存率は48時間で50%

        2週間で20~30%

B型の場合生存率は2週間で80~85%


A型に緊急手術を行うと生存率は80~90%

とのことでした。

亡くなる主な原因は破裂、閉塞、心筋梗塞、
脳梗塞などがあるそうです。


手術の内容ですが

心臓からすぐの大動脈を人工血管に置き換え
るというものでした。

手術時間は6~8時間

人工心肺を使用して心臓が止まった状態に
する

体温を20度近くまで下げて仮死状態にして
行う

というものでした。


この日は運悪く姉も子宮の手術をする日で
本当は父が手術の立会いをする予定でいまし
た。

父が行けなくなってしまったためわたしが
変わりに姉の付き添いをする予定でしたが
父が緊急手術することになり急遽叔母に
頼んで姉の手術の付き添いに行ってもらい
ました。

父と姉が同時に別の病院で手術を受けるとい
異例のことが行われました。

わたしの母は10年ほど前に大腸がんを患い
亡くなっています。

わたしの身内は父と姉だけなのでその2人が
同時に手術をするということがわたしにとっ
てはとんでもない出来事でした。

姉の手術は内視鏡での手術だったので30分
ほどで終り術後の痛みもなく問題なく
終わったとの連絡がありひとまず安心しまし
た。


父のほうは親戚も集まってくれてしばらく
みんなで手術が終わるのをひたすら待って
いました。

10時半に始まった手術でしたので早ければ
16時半、遅ければ18時半頃に終わることに
なります。

待っている間に医療費のことが気になったの
で市役所に問い合わせしてみることに。

高額医療制度の申請を事前にやっておいた方
が支払いの時に免除された金額での請求にな
るから良いと叔父がいうので聞いてみました。

父は現在70歳を超えているため高額医療制度
を事前申請する必要はなく限度額44,400円ま
でしか医療費はかからないとのことでした。

食事代や個室に入った場合の差額ベッド代は
医療費には含まれません。

70歳未満の方の場合は事前に高額医療制度の
申請をしておくと支払いが楽になるようです。


そうして待っていると手術が終わったとの
連絡が来ました。

時間は15時半で予定時間よりも1時間早く5時
間で終わりました。

手術室を出て行く父を見送りながら先生が
「無事予定通りにね」といって去っていきま
した。

手術が無事に済んだんだと少しほっとしまし
た。

それから間もなくして担当の先生から説明が
ありました。

手術は無事に成功した。

明日の朝までに意識が戻れば人工呼吸器を
外せる。

ただし肺の機能が弱く酸素を上手く取り込め
ないのが事前に分かっているので人工呼吸器
を外せなくなることもある。

とにかく様子を見ながら対処していくという
ことでした。

その日は叔父と叔母が病院に泊まってくれ
たので一旦わたしは家に帰りました。


手術後ICUからHCUへ



手術の翌日再び病院に向かいました。

朝の面会では人工呼吸器を付けた父が苦しそ
にいました。

少しずつ人工呼吸器の回数を下げていって
自分で呼吸できるようにしていくそうです。

話が出来ない父は指で何かを書いています。

何だろうと一生懸命読み取ると

カタカナで「ハズシテ」と訴えていました。

よっぽど苦しかったのでしょうね。

父にこのことを後で話したら全く覚えていな
いとのことでした。

意識がまだ朦朧としていたのでしょうね。

その後なんとか人工呼吸器も無事に外せる
ようになりました。

少し話が出来るかなと面会して初めて父が
話したのが「何時?」でした。

「12時半だよ」というと

「夜中?」と言われ

「お昼のだよ」と言いました。

「手術して1日たったよ」と言いました。

まだこの頃の父は朦朧としていたようです。

手術後も順調に回復していったため
1週間後にはICUより少し重度の低い
HCUに移動になりました。

ICUにいたころの話を後で父に聞くと
精神的にかなりおかしくなっていたよう
です。

医師から聞いていた通り錯乱状態になって
看護師に暴言を吐いたり、精神科への入院を
相談したりしていたというので驚きました。

ICUにいるときはずっと幻覚が見えていた
ようです。

普段では思いもつかないような芸術的な
映像が目の前に繰り返し広がったりして
いたとのことでした。

大量の薬を摂取していたのもあるので薬が
作用して幻覚を見せていたのではないかとも
考えられます。


最後に



現在父は一般病棟に移り退院も決まっていま
す。

一時は命を落とすのかと思っていましたが
今では自分で歩けるようになってシャワーを
浴びたり、売店で買い物もしているそうです。

今の病院は昔とはだいぶ変わってきています。

コンプライアンスを徹底しているのでしょう
ね。

医師は想定されるリスクは全て家族に話を
します。

それによって説明を受ける側は過剰に
リスクばかりが頭に入ってきてしまうよう
な傾向はあるかと思います。

わたしの場合は本気で父が助かる可能性は
低いと思っていました。

説明を1から10まできっちりした後は説明を
聞きましたという署名を毎回必ず書かされ
ます。

問題が起きたときの対策なんでしょうね。

看護師も何かあるたびに
「ありがとうございます」と言ってきます。

とても丁寧に応対してくれました。

病院もサービス業的になってるのかなと思い
ます。


無事に退院を迎えられる父。

病院に運ばれてから1ヶ月弱で退院できるこ
とになります。

とても早かったなという印象です。

とはいえ大動脈解離とはとても危険な病気で
あることには変わりません。

父はとてもラッキーでした。

予後も10種類の薬を飲み続けなければなりま
せん。

血圧を高くしないように今後は塩分や脂肪分
をかなり控えめにした食事にも気を配って
いかなければなりません。

適度に体を動かすことも大事です。

誰にでも起こりうる病気なので気温差の激し
いところでの血圧の上昇などにはくれぐれも
気をつけなければいけないなと思いました。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。