So-net無料ブログ作成
検索選択

白馬中学校 体罰した生徒の母親にまでも!!教諭は精神疾患があるのでは!? [ニュース]

man-68873_640.jpg

長野県白馬中学校の60歳男性教諭が問題に
なっています。

教諭は生徒に体罰を加えた上に保護者である
母親にまでケガを負わせているからです。

世のお母さん方はこのような常識が通用しな
い教諭がいると思うととても不安を感じると
思います。

いったいこの教諭に何があったのか詳しく
見ていきたいと思います。


スポンサードリンク





白馬中学校 体罰した生徒の母にもケガ負わす



教師の体罰はたびたびニュースになり取り
ざたされていますが、ぞの母親に対してまで
暴力を振るうというのは前代未聞のような気
がします。

以下事件の概要になります。


長野県白馬村立白馬中学校で5月23日、男性教諭(60)が生徒に平手打ちなどの体罰を加え、説明を聞きに来た生徒の母親にもけがを負わせていたことが31日、村教育委員会への取材でわかった。
教諭は自宅待機しているが、生徒はその後、登校できていないという。

村教委によると、教諭は授業中の教室で生徒のほおを平手でたたき、足を蹴る体罰を加えた。
教諭は理由について「生徒が授業に集中できておらず、カッとなった」と話したという。
さらに、学校側が生徒の母親に経緯を説明している途中にいきなり激高。
目の前の机を蹴飛ばして手を振り回した結果、机や手が母親に当たり、打撲のけがを負わせたという。
村教委は、生徒の学年や性別などを明らかにしていない。

朝日新聞より



60歳男性教諭がなぜ母親にまでケガさせたのか



このニュースを読んだ時の最初の感想は
なんてきれた教師がいるんだと思い腹が
立ちました。

男性教諭は60歳と年齢的にはかなり落ち
着いていても良さそうなものですが、生徒の
母親にまでケガをさせるというのは常識的に
考えてもまともじゃありませんよね。

生徒は中学生ですので教師からみたらむかつ
くことも多々あるでしょう。

授業をまじめに受けずに他のことをしてふざ
けていたのかもしれません。

40代のわたしにとって学生時代教師からの
体罰はけっこう日常茶飯事でした。

それが普通だったのでそれほど気にもして
いなかったというのが正直なところです。

頭を叩かれたり、平手打ちされたりはよく
ありました。

しかし度を越す体罰というのは受けた記憶が
ありません。

教師は悪いことしたから今から体罰するぞと
いう形で体罰をしていました。

この60歳男性教諭はカッとなって平手打ちに
加えて足を蹴るという行為もしています。

これは度を越した体罰であり個人的な感情が
あふれた行動なので非難されるべきだと思い
ます。


スポンサードリンク





60歳教諭は精神疾患があるのでは!?



ここまでは教師といえど人間なのでよく聞く
話だと思います。

しかし体罰について事情を説明している最中
にその母親に対してきれるというのはどんな
状況であれ教師としてあるまじき行為だと
いえます。

しかもこの状況、学校側が母親に経緯を説明
している途中に突然きれています。

そこには校長や他の職員もいたはずであり
冷静に話をして事を穏便に済ませるための
説明だったはずです。

校長からしたら何してんだ!って話です。

もしかしたらヒステリックな母親だったかも
しれませんよ。

でも60歳の大人であれば冷静に話はしなくて
は駄目です。

もしこの60歳教諭が今までなんの暴力問題を
起こしてきていないとすれば、今現在の精神的
状況はかなりやばいのではないかと推測します。

年齢的には更年期障害や痴呆症も考えられま
すが、精神疾患を患っている可能性も考えられ
ます。

きれやすいというのはそもそも不安を抱えて
いたり自分に自信がないあらわれです。

精神的にかなり不安定だったといえるかと
思います。

今は自宅謹慎中ということですが今後現場に
復帰するのはかなり難しいでしょうね。

今回の事件によほどの事情があれば別ですが。

体罰を受けた生徒のほうも不登校になって
しまっているということですが、体罰を
知らない生徒にとってはよほど怖い体験
だったのかもしれませんね。

事件の全貌は分かりませんがどんな状況で
あれ暴力はいけません。

今回の事件には男性教諭に非があります。


まとめ



長野県白馬村の白馬中学校、60歳男性教諭は
精神疾患が考えられます。

応接室の席で説明している最中に突然の
暴力は普通ではありえないことです。

このような人を教諭として置いておくのは
問題があります。

早く生徒が安心して登校できるようになって
欲しいですね。


スポンサードリンク